2013年11月27日

オールナイト上映でAKIRA上映も!「爆音大友克洋2013」

bakuon-otomo_large.jpg
大友克洋監督の作品を大音響で上映する「爆音大友克洋 2013 〜画面に埋め込まれた音、音の中の未来〜」が、12月7日から20日に東京・吉祥寺バウスシアターで行われることが決まった。14日にはオールナイト上映会も開催され、初公開となる約7分間の秘蔵映像作品も一夜限りで上映される。

爆音上映とは、通常の映画用の音響セッティングではなく、 音楽ライブ用の音響セッティングをフル活用し、ボリュームを限界まで上げた大音響の中で映画を楽しむという企画。2009年から、さまざまな映画を爆音上映する「爆音映画祭」が毎年初夏に開催されて好評を博している。

「爆音大友克洋 2013」では、「AKIRA」35mmフィルム版/デジタルリマスター版、「MEMORIES」「迷宮物語」「スチームボーイ」「蟲師」「SHORT PEACE」という大友作品に加え、大友監督のリクエスト作品として「イージー・ライダー」をラインナップ。連日午後9時5分から1作品をレイトショー上映する。14日のオールナイト上映会では、「迷宮物語」「AKIRA(デジタルリマスター版)」「SHORT PEACE」の3作品と、本邦初公開の秘蔵映像(約7分程度)を上映。

また期間中は、バウスシアター1階「Lido Cafe」にて、「大友克洋×河村康輔コラージュ展」を開催。グラフィックデザイナーの上杉季明とともに、「SHORT PEACE」のポスタービジュアルや今回の「爆音大友克洋2013」メインビジュアルも手がけた河村康輔が、大友監督提供による複製原画をコラージュした作品と、大友克洋映画作品ポスターを展示する。

料金は整理番号付き特別鑑賞券、当日券ともに1500円(オールナイト上映会は整理番号付き特別鑑賞券、当日券ともに2600円)。吉祥寺バウスシアター窓口およびboid通販(http://boid.ocnk.net/)で11月24日から一般発売開始。

東京以外では、12月21日に福岡・西鉄ホールで「AKIRA(デジタルリマスター版)」「スチームボーイ」「SHORT PEACE」、12月26、27日に神戸アートビレッジセンターで「AKIRA(デジタルリマスター版)」「SHORT PEACE」の爆音上映が行われる。両会場でも「大友克洋×河村康輔コラージュ展」が開催される。


posted by アキラ馬鹿 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

2020年東京オリンピックの可能性に『AKIRA』ファン興奮

BTlsst0CQAEufUK.jpg
 現在、東京、マドリード(スペイン)、イスタンブール(トルコ)の3都市が争っている2020年の夏季オリンピック招致。アジアオリンピック評議会のアハマド会長(クウェート)は東京支持を表明、2020年の東京オリンピック実現に一歩ずつ進んでいる状況だ。

 とはいえ、東京招致委員会が発表した都民の招致支持率は67%(11月6日発表)とマドリードやイスタンブールに比べると下回っており、必ずしも市民が盛り上がっているというわけではない。

 ネット上でも同様で、アハマド会長の東京支持表明のニュースに関する2ちゃんねるのスレッドでは「東京はもうやってるからいらない イスタンブールでいいと思う」「先進国でやっても(景気に対しては)限定的な効果しかない」など、消極的な意見も目立っている。しかし、そんな中でひっそりと2020年の東京オリンピックを期待しているのが、漫画『AKIRA』のファンたちだ。

 1982年から1990年にかけて連載された大友克洋の漫画『AKIRA』は、新型爆弾によって崩壊した2019年の東京を舞台としたSF作品。物語の中では2020年に東京オリンピックが開かれる設定となっており、崩壊した東京の街はオリンピックを機に再建が進んでいる。

 NAVERまとめでは「2020年東京オリンピック開催を秘かに期待する『AKIRA』ファンまとめ」として、『AKIRA』ファンによるブログのコメントや、ツイートなどが紹介されている。

 このまとめを見ると、『AKIRA』ファンたちは、「金田バイクで聖火リレーとか妄想が膨らむお!」「大友克洋が、2020年の東京への招致ビデオを作る。いいんじゃないでしょうか」「2020年東京五輪の開会式?『AKIRA』でそれを予言してる大友克洋×世界の坂本龍一しかないっしょ!」などと、今から東京オリンピックを妄想し実現を熱望している。(2012年11月10日)アメーバニュース
posted by アキラ馬鹿 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

「AKIRA」の実写映画化企画が、再始動に向け動き出す

e4aa1c2a.jpg
米ワーナー・ブラザースによる、大友克洋の人気漫画「AKIRA」の実写映画化企画が、再始動に向け動き出したと米バラエティ誌が報じた。同企画は、数年にわたり監督や脚本家の交代を繰り返し、2012年にジャウム・コレット=セラを監督に迎えたものの、予算の関係で暗礁に乗り上げていた。現在、コレット・セラ監督復帰への交渉に入っており、14年春のクランクインを目指しているという。なお、主人公・金田役は、「トロン:レガシー」のギャレット・ヘドランドに決定していたが、スケジュール上降板の可能性があると見られている。

 同企画は、レオナルド・ディカプリオを製作に迎え、08年に本格的にスタートしたものの、監督を務める予定だったルアイリ・ロビンソン、アルバート・ヒューズ、コレット=セラが次々に交代。脚本家も「スター・トレック/ヴォイジャー」のゲイリー・ウィッタ、「アイアンマン」の脚本家コンビ、マーク・ファーガスとホーク・オストビー、「ハリー・ポッター」シリーズのスティーブ・クローブスを経て、クリストファー・ノーラン監督の実弟のジョナサン・ノーランが候補に挙がっていた。

 「AKIRA」は、漫画雑誌「週刊ヤングマガジン」(講談社刊)で連載されたSFコミック。圧倒的な世界観とリアルな描写で、暴走した超能力に翻ろうされる少年たちの運命を描き、1988年にはアニメ映画化された。実写化企画では、第3次世界大戦終戦後の人工都市「ネオ東京」から、「ニュー・マンハッタン」に舞台設定を変更し、原作の1〜3巻を前編、4〜6巻を後編として全2部作で製作される予定だ。[映画.com ニュース]2013年08月03日
posted by アキラ馬鹿 | 実写版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

『AKIRA』と『MEMORIES』ニコニコ生放送にて一挙上映

555442l.jpg
大友克洋監督による劇場アニメ『AKIRA』および『MEMORIES』の2作品が、動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて一挙上映されることが明らかとなった。放送は7月13日20:00よりスタート。

これらは、7月20日公開予定のアニメーション映画『SHORT PEACE』の公開直前スペシャルとして放送されるもので、番組内ではアニメクリエイター陣によるトークセッションも生放送される。出演は荒牧伸志(『キャプテンハーロック』監督)、神山健治(『009 RE:CYBORG』脚本・監督)、森田修平(『九十九』脚本・監督)、司会は小林治が務めるという。

(c)1988マッシュルーム/アキラ製作委員会|M@『MEMORIES』(c)1995 マッシュルーム/メモリーズ製作委員会(2013年7月11日)マイナビニュース
posted by アキラ馬鹿 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

コム デ ギャルソン2013年は大友克洋で始動AKIRA

f0010106_19103256.jpgd31d01f8 (1).jpgA_wUrGkCAAEg4lo.jpgA_wUNzuCMAAt3j7.jpgA_wTxPbCYAARXIn.jpgA_wT4vKCAAApIQB.jpg
毎年特定アーティストをフィーチャーするコム デ ギャルソンのDM(ダイレクトメール)。先日、2013年第1号が発行された。今年の選定アーティストは漫画家の大友克洋。1号目の表紙は、代表作「アキラ(AKIRA)」の単行本第1巻カバーに使用されているイラストが飾り、メインキャラの金田とケイが登場した。

このDMは、シーズンの立ち上がりやショップオープン、イベント情報などを顧客へと届ける。年間約40通発行され、すべて集めると1冊の本になるというコンセプトだ。

デザインは川久保玲本人で、自身がアーティストをセレクトし、彼らの作品にコラージュ、カット、トリミングを施すなど、自由にエディットする。今回は大友の漫画やイラストをフルカラー・白黒合わせて様々に編集。冊子中央見開きページにはアキラの舞台、ネオ東京を背景に「The Spring-Summer 2013 collections have arrived 2013年春夏のコレクションがそろいます。どうぞおでかけください」とのテキストが並ぶ。

2008年よりスタートしたこのシリーズは、初回はアーティストのモンドンゴ(Mondongo)、09年は映像作家のブラザーズ・クエイ(Quey Brothers)、10年は現代美術家のアイ・ウェイウェイ(艾未未)、11年はグラフィックアーティスト集団アシューム ヴィヴィッド アストロ フォーカス(assume vivid astro focus)、12年はマグナムに所属した写真家ルネ・ブリ(René Burri)と続いた。6回目となる今年は、昨年大規模回顧展を開き話題となった大友克洋で、初の日本人アーティストとなる。

通常そのシーズンは、店内ディスプレイや年賀状に至るまで選定アーティストの作品で統一。過去、コラボレーションアイテムも登場しており、今年は大友とのエクスクルーシブ企画が期待される。(2013/1/17)FASHION HEADLINE
posted by アキラ馬鹿 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

AKIRA×CA4LA WORKCAP BLACK

001.jpg002.jpg003.jpg004.jpg005.jpg006.jpg007.jpg008.jpg009.jpg

SF超大作「AKIRA」30周年を記念した
大友克洋氏全面監修のWORKCAPが遂に登場!
すべてのAKIRAファンに捧げるコラボレートモデルです。

AKIRA×CA4LA WORKCAP BLACK
販売価格:¥9,800(税込)
付属品:カプセル付きネームタグ
受注開始:2012年12月12日(水)正午開始
発売日:2013年3月31日

今までに無い、AKIRAの世界観を再現したアイテムとして
大友克洋氏の全面協力により完成しました。

今回の企画の為に、新規形状のワークキャップスタイルを採用
サイドには、金田のバイクで印象的なステッカーをピンバッジであしらい
バックには、作品の象徴的なアイコンであるカプセルマークを
美麗な刺しゅうで施しています。インナーサイドには、カプセルマークを
全面にプリントし、絶大なインパクトを放っています。

カラーリングは幅広いスタイルに合うブラック。
ブリム(ツバ)部分には、AKIRAロゴをグレーカラーでプリントしています。

フロントには、“GOOD FOR HEALTH BAD FOR EDUCATION”の
メッセージをさりげなくプリントしています。

伝説的作品「AKIRA」から、新たな概念を取り込み
ファッションへと昇華された帽子は
その存在意義を大きく変えた一品となっています。

■フリーサイズ
■高さ:10cm
■つば:6cm
■頭周り:55〜60cm(サイズ調節有り)
■材質:綿100%


posted by アキラ馬鹿 | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

AKIRA×CA4LA WORKCAP RED

001.jpg002.jpg003.jpg004.jpg005.jpg006.jpg007.jpg008.jpg009.jpg

SF超大作「AKIRA」30周年を記念した
大友克洋氏全面監修のWORKCAPが遂に登場!
すべてのAKIRAファンに捧げるコラボレートモデルです。

AKIRA×CA4LA WORKCAP RED
販売価格:¥9,800(税込)
付属品:カプセル付きネームダグ
受注開始:2012年12月12日(水)正午開始
発売日:2013年3月31日

今までに無い、AKIRAの世界観を再現したアイテムとして
大友克洋氏の全面協力により完成しました。

今回の企画の為に、新規形状のワークキャップスタイルを採用
サイドには、金田のバイクで印象的なステッカーをピンバッジであしらい
バックには、作品の象徴的なアイコンであるカプセルマークを
美麗な刺しゅうで施しています。インナーサイドには、カプセルマークを
全面にプリントし、絶大なインパクトを放っています。

カラーリングは、カジュアルなコーディネイトのワンポイントとしても活躍してくれるレッド。
ブリム(ツバ)部分には、AKIRAロゴをホワイトカラーでプリントしています。

フロントには、“GOOD FOR HEALTH BAD FOR EDUCATION”の
メッセージをさりげなくプリントしています。

伝説的作品「AKIRA」から、新たな概念を取り込み
ファッションへと昇華された帽子は
その存在意義を大きく変えた一品となっています。

■フリーサイズ
■高さ:10cm
■つば:6cm
■頭周り:55〜60cm(サイズ調節有り)
■材質:綿100%


posted by アキラ馬鹿 | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

AKIRA×G-SHOCK NEO TOKYO

001.jpg002.jpg003.jpg004.jpg005.jpg006.jpg007.jpg

SF超大作「AKIRA」30周年を記念した
大友克洋氏全面監修のG-SHOCK 「NEO TOKYO」モデルが
数量限定で登場!
完売必至のスペシャルモデルです。

AKIRA×G-SHOCK NEO TOKYO
1,000個限定スペシャルモデル
販売価格:¥19,800(税込)
付属品:取扱説明書、保障書、特製専用パッケージ
受注開始:2012年12月12日(水)正午開始
発売日:2013年4月30日

本作品の時代背景である“NEO TOKYO”イメージして開発した
『AKIRA×G-SHOCK NEO TOKYO』モデルは
白を基調にしながらも、差し色に赤や黒などを配色し
全体としてまとまったカラーリングにしました。

液晶のELバックライトには、「AKIRAロゴマーク」が浮かび上がり
バック刻印には、年号と本作品の核心である28号のマークを刻印しています。

バンドには、“大東京帝国”の文字が存在感を与えています。

本モデルも金田モデル同様、AKIRA30周年を記念し
大友克洋氏本人監修のもと1年以上の歳月をかけ完成しました。

モノトーンのホワイトをベースカラーとしながらも
「AKIRA」とのコラボレートにより、強烈なインパクトを与えます。

【構造・性能】
■ショックレジスト:衝撃や振動に強い耐衝撃構造
■ケース・ベゼル材質: 樹脂
■ガラス:無機ガラス
■バンド:樹脂バンド
■クオーツ精度:平均月差±15秒

【防水性】
■20気圧防水

【主な機能】
■ストップウオッチ(1/100秒(00'00"00〜59'59"99)/1秒(1:00'00"〜23:59'59")、24時間計、
スプリット付き)
■タイマー(セット単位:1秒、最大セット:24時間、1秒単位で計測、オートリピート)
■マルチアラーム・時報
■フルオートカレンダー
■12/24時間制表示切替
■ELバックライト(残照機能付き)
■報音フラッシュ機能(アラーム/時報/タイマー連動発光)
■月差:±15秒以内

【装着可能サイズ】
■樹脂バンド:装着可能サイズ145〜205mm


posted by アキラ馬鹿 | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

AKIRA×G-SHOCK KANEDA

001.jpg002.jpg003.jpg004.jpg005.jpg006.jpg007.jpg

SF超大作「AKIRA」30周年を記念した
大友克洋氏全面監修の「金田」のG-SHOCKが数量限定で登場!
完売必至のスペシャルモデルです。

AKIRA×G-SHOCK KANEDA
1,000個限定スペシャルモデル
販売価格:¥19,800(税込)
付属品:取扱説明書、保障書、特製専用パッケージ
受注開始:2012年12月12日(水)正午開始
発売日:2013年4月30日
本作主人公である“金田正太郎”をコンセプトに開発された
『AKIRA×G-SHOCK KANEDA』モデルは
フロントボタン、液晶、ELバックライトのスペーサーに至るまで
細部まで「金田」をイメージする「赤」にこだわりました。

液晶のELバックライトには「カプセル」が浮かび上がり
バック刻印には、本作品に登場する春木屋を刻印しています。

バンドには、金田の免許書にあったバーコードと
“GOOD FOR HEALTH BAD FOR EDUCATION”の
メッセージをプリントしております。

本モデルは、AKIRA30周年を記念し
大友克洋氏本人監修のもと1年以上の歳月をかけ完成しました。

メタリックで光沢感のある「赤」にこだわり
全身が輝きを放ったスペシャルなコラボレートモデルです。

【構造・性能】
■ショックレジスト:衝撃や振動に強い耐衝撃構造
■ケース・ベゼル材質: 樹脂
■ガラス:無機ガラス
■バンド:樹脂バンド
■クオーツ精度:平均月差±15秒

【主な機能】
■ストップウオッチ(1/100秒(00'00"00〜59'59"99)/1秒(1:00'00"〜23:59'59")、24時間計、
スプリット付き)
■タイマー(セット単位:1秒、最大セット:24時間、1秒単位で計測、オートリピート)
■マルチアラーム・時報
■フルオートカレンダー
■12/24時間制表示切替
■ELバックライト(残照機能付き)
■報音フラッシュ機能(アラーム/時報/タイマー連動発光)

【防水性】
■20気圧防水

【装着可能サイズ】
■樹脂バンド:装着可能サイズ145〜205mm



posted by アキラ馬鹿 | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

芸能山城組『金田のテーマ』 AKIRA 『KANEDA』

2010年夏に新宿で行われた、ケチャ祭りの昼の部で演奏された、ジェゴグによる『金田のテーマ』です。




posted by アキラ馬鹿 | DVD・音楽・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。