2012年01月31日

大友克洋GENGA展2012年4月9日から

base.gif

大友克洋GENGA展
【会場】3331 Arts Chiyoda  
【会期】2012年4月9日(月)〜5月30日(水)
【開館時間】[平日] 11:30〜20:00 / [土日祝] 10:30〜20:00
(平日、土日祝ともに完全予約制)
【休館日】第3火曜日(4/17、5/15)

【入場料】
大人1,500円
学生(高校生、大学生、専門学校生)800円
中学生500円
小学生以下は保護者同伴で入場無料。

※宮城県出身である大友克洋の意向により
 東日本大震災復興のために入場料の一部を寄付する。

【原画展のチケット予約・購入に関して】
すべてのチケットはローソンチケットで発売されます。
4月分は3月3日より発売、5月分は4月14日からの発売になります。
予約・購入には大友克洋GENGA展とわかるようにLコードが必要です
大友克洋GENGA展の予約・購入番号は下記のようになっております。

【Lコード】
4月入場分 39994
5月入場分 39995

漫画家・大友克洋。その全貌が初めて明かされる。

大友克洋がデビューして39年。その作品は、日本の漫画史に「大友以前・以後」という境界線を刻むまでの影響を及ぼした。それは国内のみならず、欧米諸国を始めとする世界のクリエイターたちにも強烈なインパクトを与え、その後のコミック、映画、音楽シーンなどにまで、今なお多くのフォロワーを生みだしつづけている。連載終了後20年以上もの歳月を経た『AKIRA』の実写映画化が現在もハリウッドで話題になっているという状況は、大友克洋が残した影響の大きさと普遍性を端的に物語っているといえるだろう。この原画展はそんな大友克洋のデビューから現在までを網羅した初の総合原画展となる。

39年の巨大な足跡をまとめた震災チャリティー企画展。

今回の原画展は二つの大きな流れが重なることによって実現された。ひとつは本年1月に大友克洋の20年ぶりの画集『KABA2』が発売となることを節目とし、その巨大な足跡をまとめてみようという機運が高まったことだ。大友克洋の歩みは一人の作家の個人史であると同時に “漫画”という表現の可能性を拡張してきた歴史でもある。そこには“漫画”というひとつの表現が発信源となって映像や立体物にまで展開し、音楽、工業デザイン、建築、ファッションなど、あらゆる業界へ影響を与えてきた文化的な波及力がある。そのような、他の表現とは代えがたい“漫画の力”を今一度再認識し、秋葉原という場所から世界に向けて発信したいと考えた。 もうひとつは、昨年の3月11日に起こった東日本大震災に対し、大友克洋がさまざまなチャリティー企画に参加しながらも、自らが主体となって漫画家に何ができるのかを考えた結果としてたどり着いた震災チャリティー企画展としての流れである。これは、大友克洋自身が被災地のひとつである宮城県出身者だということとも無関係ではない。今回の展示会の来場者収益の30%は被災地復興の一助として寄付される。

単行本未収録初期作品から画集『KABA2』の最新カラー作品まで一挙公開。

この原画展に展示される作品はすべて、大友克洋から提供された手描きの原画となる。世界にジャパン・コミックの存在を知らしめた『AKIRA』の原稿を筆頭に、『童夢』『気分はもう戦争』『さよならにっぽん』等の代表作から、画集『KABA』『KABA2』に収録された最新カラー原画まで――印刷物とは別次元の迫力を持った“原画の力”と、漫画ならではの“圧倒的なボリューム”によって、一人の作家が持つ“巨大な想像力”が世界を変えてきた力を体感し、同時に、その触発が未来へ向けての活力になればと願う。

メインビジュアルコラージュ 河村康輔
コピーライトマーク MASHROOM 2012 コピーライトマーク Kosuke Kawamura 2012



posted by アキラ馬鹿 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。