2010年07月09日

キヨコ

871-1125496551.jpg

1979年生まれ。25号とも呼ばれる。彼女の未来予知は93〜95%の確率で当たり、ネオ東京崩壊も予知した。身体的にはひどく弱っており、寝たきりで自力で動くことはほとんどできないが、超能力で自分のベッドや自分自身を浮かせることはできる。最初にケイを精神力で操って鉄雄に対抗するが失敗、今度はその逃走を助けるなどした。原作ではネオ東京崩壊後に経緯不祥ながらマサル共々反政府勢力残党であるケイやチヨコに保護されていたが、後にミヤコの教団に身を寄せることとなる。(Wikipedia)



posted by アキラ馬鹿 | Comment(0) | 登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タカシ

871-392678965.jpg

1980年生まれ。26号とも呼ばれる。3人の古いナンバーズの中では最も性格的に幼く、外に出て見たいという単純な理由から物語冒頭にゲリラの手引きで施設から脱走、鉄雄の超能力覚醒の引き金となる。原作では根津に誤射され死亡するが、そのショックでアキラが暴走。今度はネオ東京崩壊の引き金となる。一定以上の力を持つ実験体には番号がつけられ、手の平にもこの番号が刺青されている為、ナンバーズとも呼ばれる。(Wikipedia)

posted by アキラ馬鹿 | Comment(0) | 登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

根津

mr-nezu-the-spy.jpg

根津(ねづ)。政府野党に属する政治家。表ではミヤコの教団の力を背景に政界工作を行い(原作)裏ではケイの反政府ゲリラに資金を与え指導している(原作・劇場版共)。原作ではタカシを射殺、これが2度目のアキラの暴走を招き、それによって瓦礫と共に消滅する。劇場版ではアーミーが秘匿するアキラの正体を握る事で政治的優位に立つことを画策し、結果大佐の起こしたクーデターによって失脚、混乱のさなか心臓発作を起こし死亡する。
千葉県の農家に生まれ、学業は優秀。某大学の法学部に進学するも、アキラによる東京崩壊に遭遇。それから3年間は闇屋として学び、裏社会の人間たちに知られるようになる。大学が事業を再開した頃に復学し、卒業後は弁護士に就く。30歳の頃から政界に進出する。(Wikipedia)

posted by アキラ馬鹿 | Comment(0) | 登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドクター

871-1872820654.jpg

ドクター(大西)。大佐のもとでアキラを始めとするナンバーズ(後述)の研究管理を司る人物だが、現象の観測に熱中するあまり、周囲を顧みずに鉄雄の暴走を許してしまう。作品上、最年長。原作ではアキラ覚醒の際の冷却液漏れで物語前半部で凍死。劇場版では、鉄雄の能力データの収集に夢中になり、結果としてアキラの力の開放に巻き込まれ、物語終盤で観測トレーラーごと圧死する。(Wikipedia)

タグ:ドクター
posted by アキラ馬鹿 | Comment(0) | 登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大佐

Colonel-Shikishima.jpg

大佐(敷島)1977年11月15日生まれ。アーミーの実質的な最高指揮官で、凍結されたアキラの最高管理者でもあった。名字は敷島。防衛庁職員の父親がアキラの災厄に遭って死亡した事から、アキラにこだわる。劇場版では鉄雄の暴走を食い止めようと奔走し、原作ではクーデターを起こしてまでアキラを奪取しようと試みるも、根津の誤射によりすんでの所で保護に失敗、再びアキラの力を目の当たりにする。原作においてのネオ東京崩壊後もアキラと鉄雄を抹殺するチャンスを狙っていたが、後に同じ目的を持つ反政府組織残党のケイやチヨコと共闘することとなる。名前のモデルは、『鉄人28号』で鉄人計画に関わり鉄人28号を開発した敷島博士。
父親の死後の3年間は母親と兄弟と共に過ごす。16歳の頃に夜間学校に入学し、アルバイトの傍ら勉学に励む。卒業後は士官学校に入学し、優秀な成績で卒業。幹部候補生学校に推薦で入学し、卒業後にアーミーに入隊。翌年にはアメリカ国防総省に留学し、帰国後は陸軍特殊部隊を設立して指揮官に任命され、さらに32歳の頃には父親が加わっていた「アキラ・プロジェクト」の指揮官に任命される。(Wikipedia)

posted by アキラ馬鹿 | Comment(0) | 登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チヨコ

image023.jpg

チヨコ(本名不明・原作のみ)反政府ゲリラの武器調達・連絡員で巨漢の女性。通称「おばさん」。ケイを実の娘のように大切に思っている。以下に述べる大佐と比較しても体格的に遜色がないほど筋肉質であり、武器の扱いにも手馴れている他、機関銃を手に下げて発砲したり、対戦車ロケットを鈍器として振り回すなど、高い戦闘能力の持ち主である。ケイや金田と共に偶然アキラを保護するも、届け出た根津に切り捨てられそうになり離反、根津のバックにいたミヤコの勢力と衝突することとなる。ネオ東京崩壊後はケイと共にマサルとキヨコを保護し、アキラ・鉄雄の勢力に対抗していた。(Wikipedia)

posted by アキラ馬鹿 | Comment(0) | 登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケイ

kay-anime.jpg

2002年3月8日生まれ。反政府ゲリラの少女。兄の後輩である竜とは息の合ったコンビ。当初は竜を慕っていた。原作・劇場版とも偶然出会った金田に窮地から助けられ、言い寄られるのを拒否しつつも行動を共にするようになる。原作ではネオ東京崩壊後、ミヤコによって彼女らの超能力を媒介する能力を開発され、自らの意思で鉄雄と対決する。
教師の父親と14歳年上の兄がいたが、5歳の時に父親は病死。以後は学生運動を行う兄のもとで育つも、兄はとある事件の容疑者として逮捕のち獄死。死因は自殺として処理されたが、未だに不審点が残っている。その後は兄の後輩にあたるリュウのもとへ引き取られ、反政府ゲリラに加わる。(Wikipedia)

タグ:ケイ
posted by アキラ馬鹿 | Comment(0) | 登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

871-1496392561.jpg

竜(りゅう)ケイの反政府ゲリラグループのリーダー。本名は竜作。ケイの助言に従い金田をグループに入れたのも彼である。革命を信じて行動するも、より大きなうねりに翻弄され、幾度と無く危機的な状況に陥った。原作では暴走したアキラを目の当たりにして、これを止めようとして発砲、弾け飛んだ力の余波で崩れた瓦礫に押し潰される。劇場版では保身を図った根津に撃たれた後、アキラの騒ぎを革命と勘違いし、安らかにこの世を去った。(Wikipedia)

posted by アキラ馬鹿 | Comment(0) | 登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カオリ

kaori4.jpg

原作では難民として鉄雄の遊び相手として連行され、鉄雄の侍女となる。当初は、被災体験のショックから感情の発露も少なかったが、本来は明るく優しい性格であり、アキラの面倒もよく見ていた。最後は鉄雄へのクーデターを企てた連中に背後から射殺される。劇場版では鉄雄のガールフレンドとして登場。漫画版とは異なり卑屈とも言える大人しい性格。力に目覚めた鉄雄の不安定な精神の拠り所となる。最期は暴走した力で膨れ上がった鉄雄に押し潰されて死亡する。(Wikipedia)

posted by アキラ馬鹿 | Comment(0) | 登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジョーカー

20100326_1378099.jpg

暴走族チーム「クラウン」のリーダーで、金田たちの対抗勢力。チームメンバーのほぼ全員が違法薬物に耽溺(ジャンキー)しており、これを手に入れるためなら強盗をも辞さない暴力的な性格で、近隣のバイクチームに憎悪を向けられている。巨漢で太っているジョーカー自身も豪腕や打たれ強さもあって他のチームから恐れられている。能力(ちから)に覚醒した鉄雄によってリーダーの座を奪われた挙句、打倒鉄雄に燃える金田達との抗争が原因で少年院に送られた。原作ではそこで災厄に巻き込まれ多くの仲間を失ってしまう。自身も重傷を負うが、同じく少年院に送られていた甲斐によって助けられて以降、打倒鉄雄を掲げ行動を共にする。バイクいじりが得意のようで、災厄により廃車となったバイクを何台も再生させており、販売も手がけている模様。偶然見つけた状態の良いFPH(フライング・プラット・ホーム)をも仲間と修理して自ら使用した。ただしデザインセンスは独特なものがあり、あまりの派手派手しさに金田は「電飾ブタ」とまで呼んでいる。なお再登場時はいくらか痩せている。(Wikipedia)

posted by アキラ馬鹿 | Comment(0) | 登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。